京都てっぱん日記

京都生まれ京都育ち、美味しいもの大好き!地元応援を言い訳に食べ歩き&テイクアウト強化中(^-^)

牧瀬里穂さん&NIGOさんがつくった京都のモダン茶室、「瑞穂庵」。

電子書籍で「Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2019年 11月号」を読んでいたら、NIGOさんがご自宅のお茶室と共に映ってはりました!

f:id:otaku-son:20191009103930j:plain

ポップアートやヴィンテージ家具のコレクターとしても知られるNIGOさんが、なんと京都に茶室を建てたという。噂を聞き、駆けつけてみれば、しっとりとした瀟洒な花街の風情に完全に溶け込む和風の一軒家。

Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2019年 11月号 [茶の湯への道。]

以前テレビ番組に出られたときにも仰っていたのですが、茶室と坪庭の設計と施工は裏千家の工房「ミリエーム」が担当。これは、間違いないですね。贅沢の限りをつくした感じ(^^;

 

特注!末富のハート型お菓子と、NIGOさん作のお茶碗。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

牧瀬里穂 Riho Makise(@rihomakise)がシェアした投稿

昨年末の牧瀬さんのインスタグラムにも載っていました。お茶事のお菓子を末富さんで誂えて、お茶碗はNIGOさんが作ったとか・・・。

それまでの牧瀬さんの投稿にも数々のすてきなお着物やお道具の数々がさらっと載っていて、いいなあ~と眺めていたのですが、今回の雑誌ではさらにお高いものがたくさん載っています。千家十職(せんけじっしよく、茶道三千家に代々出入りする茶道具の作り手の家)の方によるお道具もたくさん。ちょっと自慢っぽいですが、まあ仕方ないかな(^^;

f:id:otaku-son:20191009110542j:plain

©Casa BRUTUS

雑誌の画像を一部お借りしましたが、「お宝拝見。NIGOの近代陶芸コレクション」として北大路魯山人、河井寛次郎、川北半泥子などの器がずらっとあってもう驚きです。これって美術館か、いいお茶会でしか見たことがないんですけど\(◎o◎)/!

あまりに興味深いので、そのうちどこかのテレビ番組で特集でもやってくれはらへんかなあ、と秘かに楽しみにしています。気になる方はCasa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2019年 11月号をチェックしてみて下さいね。