京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。

オタク息子、「小笠原流礼法」で礼儀作法を学ぶ。

f:id:otaku-son:20150622100934j:plain

若宗家、清基さんの流鏑馬。©ミュージアム甲斐ネットワーク

小笠原流の若宗家、NHK大河ドラマ「平清盛」にご出演?

オタク息子の小学校では、道徳の授業で「小笠原流礼法」がありました。ある日、息子は学校から帰ってくるなり興奮した様子で、

「お母さん、今度の大河ドラマに先生の『先生』が出るんやて!」

と、言い出しました。・・・はて、何のこっちゃ。よくよく聞いてみると、学校に来て頂いた小笠原流の先生が、

「今度の大河ドラマの流鏑馬(やぶさめ)のシーンで、小笠原流の若宗家(わかそうけ)*1が映ります!」

と仰ったそうで。なるほど、理解しました(^-^)

f:id:otaku-son:20150623192715j:plain

若宗家の小笠原清基さん。「婦人画報」にも度々登場されるイケメンです。

当時の大河ドラマは「平清盛」で、主人公は松山ケンイチさん。流鏑馬のシーンでは宗家の小笠原清忠さんが松山さんを指導されたそうです。松山さんもかなり上達されたそうですが、危険なシーンでは念のために若宗家の清基さんが影武者として出演されたとか(つまり、清基さんのお顔は残念ながら映っていません・・・イケメンなのに)。

 

「小笠原流礼法」を学んで良かったこと。

小笠原流の礼法は武家礼法です。武家の礼法とは実用的、無駄を省き能率的、合理的、民族的に納得でき、『美』として映ることです。立ち姿勢、座った姿勢、お辞儀といった基本の動作から、お茶の出し方、襖の開け方などの動きを通して、武家礼法を伝えています。

小笠原流礼法公式ウェブサイトより

さすがに小学校で「流鏑馬」は習いませんでしたが、その後も丁寧に教えて頂いたため、何とか最低限の礼儀作法は身についたように思います。同時期に茶道も習っていたせいか、「襖の開け閉め」「お辞儀」「お椀の持ち方」に関しては我が息子ながら、とても美しくできるようになりました。

https://instagram.com/p/4y4cgqOIVB/

千家御用達・大西清右衛門さんのご指導で、お点前中。

オタク息子的「茶道教室に通って良かった!」こと。 - オタクな息子観察日記

 

最近は大人でも「お辞儀の仕方が変」「食べ方が汚い」などのマナーの低下がよく指摘されます。この小笠原流法のテキストは小学校でも使用していた教科書なのですが、イラスト入りでとても分かりやすくてお勧めです。

残念ながら一般の書店では入手不可能ですが、Amazonで購入可能*2です。Amazonの商品ページで「すべての出品を見る」ボタンから購入できます。よろしければご覧下さいね。

 

小笠原流こどもの礼法
小笠原流こどもの礼法
posted with amazlet at 15.07.04
小笠原流三十一世宗家 小笠原清忠 小笠原純子
一般財団法人礼法弓術弓馬術小笠原流
売り上げランキング: 90,649

*1:ちなみに「宗家」は本家当主という意味ですので、「若宗家」は次の本家当主という意味になります。

*2:オタク息子の小学校でも、教科書を失くした方はAmazonから購入されていました・・・先生にお願いするのは気がひけますものね。