京都てっぱん日記

京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。こんな時だからこそ、明るく楽しく!

京都のお勧め鯖寿司、ベスト3。お取り寄せも一部可能!

f:id:otaku-son:20150902165705j:plain

花折の本店。下鴨にあります(^-^)

京都ではお祭りやハレの日には鯖寿司を食べる習慣*1があり、地元民は寿司飯(シャリ)が酸っぱい甘い、鯖の大きさなどでそれぞれ好みのお店を持ってはります。個人的にお気に入りのお店をいくつか挙げてみます!

 

花折(はなおれ)

「花折」の鯖寿司は、ちょっとゴツめ。

全国に根強いファンがいる有名店です。お店は左京区の下鴨にあり、工房は滋賀県にあります。

  • お寿司自体はかなり大ぶり
  • 酸味がしっかりと効いたお味

京都市左京区下鴨宮崎町121

℡:075-712-5145

営業時間:9:00~18:00(L.O.15:30)

食べログ「花折 下鴨店」

通販も可能ですが、全国各地で催事に出店されていますので、宜しければチェックしてみて下さい。京都では本店と、京都タカシマヤの地下でも販売されています。

京都グルメ、京都土産に鯖街道花折の京,鯖寿しを|TOPページ

 

いづう

f:id:otaku-son:20160825085113j:plain

お取り寄せはこちら→<いづう>鯖姿寿司1本入り

東山区の祇園にある超有名店。竹の皮包みを開けると、どてんと黒っぽい物体が入っていてちょっとびっくりしますが・・・鯖寿司が固い昆布で巻かれて入っているのです。ご安心を(^-^)

  • バランスのとれた程よい酸味、あっさりして個人的に好み
  • 鯖も脂がのってしっとり柔らかめ

「いづう」の鯖寿司は、大丸京都店にも店舗がある老舗モールから通販が可能です。よろしければご覧下さいね。

京都市東山区八坂新地清本町367

℡:075-561-0751

定休日:火曜(祝日除く)

食べログ「いづう」

 

いづ重

f:id:otaku-son:20181026003406j:plain

明治末にいづうから独立されたお店、八坂神社の真ん前にあります。鯖寿司は、いづうよりも小ぶりでまあるい形。実はいづうよりも、こちらの鯖寿司の方が好みだという通な先輩方多し。

  • 酸味も塩気も薄め
  • 切れ込みの入った柔らかで肉厚の鯖

こちらは、いなり寿司や箱寿司も有名です。どれもお味が上品、見た目も美しいので人気の品です。

℡:075-561-0019

10:30~19:00、日曜営業

定休日:水曜(祝日の場合は翌日)

食べログ<いづ重> 

 

番外:満寿形屋(ますがたや)

f:id:otaku-son:20200209193841j:plain

こちらのお店は先ほどの3つとはちょっと趣が違って・・・普段使いできる気軽なお店。地元民的にはおうどん屋さん or 食堂という認識。

f:id:otaku-son:20200209194446j:plain

鯖寿司とおうどんのセットが1,000円ほどのお手頃価格で食べられるので大人気、特に海外の方がよく並んではります。木の芽が上にのせてあるのが特徴ですね。

℡:075-231-4209

営業時間:12:00~18:00、日曜営業

定休日:水曜

食べログ

 

これからはだんだん寒くなって鯖が美味しくなる季節です。京都に来られたら、ぜひ美味しい鯖寿司を食べて下さいね!

*1:昔は新鮮な魚が手に入りにくかった京都市内。若狭湾の小浜から鯖に塩をして京都の出町まで運ぶと、着いたときにちょうどいい塩加減だったそう。この道がいわゆる「鯖街道」で、その鯖を酢でしめたものが鯖寿司なのです。