京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。

<ミシュラン京都2016>ビブグルマンのラーメン「猪一」で、支那そば(黒)を食す。

f:id:otaku-son:20160410224729j:plain

オタク父の用事で、四条河原町まで行ってきました。用事ついでにお昼を食べようと探していましたら、ちょうど良いお店を見つけました。今年のビブグルマンにも選ばれたラーメン「猪一(いのいち)」です。

地図を見て、寺町のドスパラ(パソコン専門店)の近くだと見当をつけました。寺町通を下がって行くと、行列ができていてすぐ分かりました(笑)

行列が周囲に迷惑をかけるのか、周囲には「並ばないで下さい」との張り紙がたくさんあり、かなりの人気っぷり。さりげなく並んだところ、直後にこの張り紙が出されてほっと一安心しました。でも並んでも時間がかかりそうなので、向かいの「あいばカレー」にしたほうが良かったかなあとちょっと後悔(苦笑)。

f:id:otaku-son:20160410224926j:plain

午後1時半ぐらいで、滑り込みセーフでした。

 

TKGって何?

諦めてしばらく並んでいましたら、メニューを渡されました。どれにしようかな?と思いましたが、無難に「支那そば」を注文。近くにいた女子高生が、

「やっぱTKGやん?」

と言っていたので、TKGって何だろう・・・と思ったら「卵かけご飯」なのですね(笑)。若いなあ!

30分ほど待って、ようやく入店。小さいけれど新しくきれいなお店。原了郭の「黒七味」が置いてあり、色々とこだわったお店なんだろうなあ、と想像しました。

f:id:otaku-son:20160410224853j:plain

さて、運ばれてきた支那そば(黒)を食べてみますと、醤油系のスープは上品なお味でチャーシューと白ねぎも抜群の美味しさ。柚子の皮の細切りが添えられたあっさり系ラーメンですが、自然なうま味がしっかりありました。お値段も800円と許容範囲でしたので、また他のラーメンも試してみたいなあ。お隣テーブルの方たちが召し上がっていた「白えびラーメン」も美味しそうでした。

ビブグルマンのラーメンは「山崎麺二郎」と「猪一」を食了で、あとは北野白梅町近くの「裕(ひろ)」のみ。近いうちにまた行ってみようと思います!