読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

葵祭の斎王代、ちょっとしたウラ話。

f:id:otaku-son:20150804015706j:plain

©京都新聞 本文とは関係ありません(^^;

第62代の斎王さんも決まりました!詳しくはこちら→<2017葵祭>第62代斎王代、決定!京都文教学園理事長のお孫さんです! - 京都てっぱん日記

数か月前ですが、某所で某斎王代さんのお父様をお見掛けしました。京都ではちょっとした有名人なので、ちらちらと見ていましたらオタク母の大先輩が知り合いらしく色々と会話を。さすが大先輩、顔が広い!しばらくしてから、

「さっきの方、○○さんですよね?」

と、大先輩に確認したところ、

「よぉ見てるなあ~(よく見てたねえ)」

と、かなり苦笑されましたが・・・別のお友達から聞いたという興味深い話を教えてもらいました。

 

来年の斎王代に、どうですやろ?

f:id:otaku-son:20150417232147j:plain

©神戸新聞 本文とは関係ありません(^^;

大先輩のお友達の話によると、斎王代へのお話は内々で打診があるそうです。でも京都らしくあからさまな話はせず、

「葵祭ですけどなあ、行列で使う○○*1が古うなってしまいましたんや~(新しく買い換えたいんですけどなあ、という意味)」

と、言われたのだとか。

お友達はOKだったので、

「ほな、今年は○○を新調させてもらいますわ~(了解。斎王代、務めさせていただきますわ、という意味)」

と、答えたのだそう。こういった会話*2でウン千万の話が決まるのですね。契約書ってないのかしら(笑)。京都って面白いなあ、と改めて思いました。

祇園祭のお稚児さんもそろそろ発表されますが、今年はどなたでしょう?まあご縁のない世界ですけれど(^^;・・・以上、ちょっと俗っぽい裏話でした。

*1:装束や馬具など。物の名前も聞いたのですがよく分かりませんでした。不勉強でゴメンナサイ。

*2:大先輩も京都人、お話を聞かせて下さったお友達も京都人なので、ちょっと煙にまいたような話になっていますが・・・おおよそこういった感じの話のようです。