京都てっぱん日記

京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。美味しいものが大好き!

「桃花春」料理人の新店「愛宕菜館」が、京都府南丹市八木駅前にオープン!食べてきました(^-^)

f:id:otaku-son:20190616204826j:plain

「愛宕菜館」の看板。

閉店してしまった宇多野のラーメン屋「桃花春」。行列のできる有名店でファンも多かったため、未だに記事を検索して来られる方が後を絶ちません。にんにくが効いたスープとたっぷりのお葱、山盛りのチャーシューが美味しかった!

再オープンすると言われて月日が経ち、まだかなあ・・・と思っていたらいきなりニュースが飛び込んできました。桃花春ブランドではなく、元桃花春の料理人さんが新店をオープンされたのですって。このニュースを聞いて即、オタク父と食べに行ってきました(^-^)

 

「愛宕菜館」、京都府八木市にオープン!

f:id:otaku-son:20190616205310j:plain

メニュー。唐揚げが楽しみ!

本当にオープンしたのかなあ?とおそるおそる行ってみましたら、元・桃花春の料理人Mさんは驚きながらもとても喜んでくれはりました。2日前にひっそりとオープンしたそうです。メニューは現在のところ塩ラーメンと味噌ラーメンのみ。落ち着いたら唐揚げや焼き飯も作らはるとか。

桃花春で最初はメニューにあった唐揚げですが、人気が出て混み始めてからは無くなってしまったので。ここでまた食べられるのは嬉しい~(^-^)

f:id:otaku-son:20190616205500j:plain

塩ラーメン。

いろいろ雑談をしながら、オタク母の塩ラーメンとオタク父の味噌ラーメンを注文。

「これを札幌オリンピックのアイスホッケーチームに出したらね、喜ばれたんですよ」

と、丁寧に手早く作って出してくれはりました。野菜いっぱい、具沢山のラーメン。関東に長年住んでいたオタク父曰く、「タンメンみたい」だそうで。八角のほのかな香りが食欲をそそります!

f:id:otaku-son:20190616210207j:plain

味噌ラーメン。

桃花春のラーメンとはかなり感じが違うので最初は戸惑いましたが、結局2人で完食してしまいました。何よりMさんがお元気そうで良かった。少し遠くなってしまいましたが、宜しければ行ってみて下さいね。

営業時間:11:00~15:00、18:00~21:00

定休日:毎週月曜・火曜

 

お店への行き方と駐車場。

f:id:otaku-son:20190616210455j:plain

9号線に面しています(^-^)

お店の応援団として、場所が分かりやすいように写真を貼っておきます。駐車場はお店の裏手に3台ぶんありますが、通りは一方通行なので注意が必要です。

f:id:otaku-son:20190616214509j:plain

f:id:otaku-son:20190616214833j:plain

写真① 国道9号線を京都方面から走って八木交差点の手前

f:id:otaku-son:20190616214043j:plain

写真② 八木交差点を過ぎてお店の手前

f:id:otaku-son:20190616211903j:plain

写真③ 視点を変えて、駐車場入口とお店。

<コンフィズリー・エスパスキンゾー>西原金蔵さんのお店で山椒、ゆず、バルサミコ&タイムのパート ド クルスティヤン!食べてみました(^-^)

f:id:otaku-son:20190614083125j:plain

ひっそりと・・・でも分かりました(^-^)

オ・グルニエドール閉店後、西原金蔵さんの新店が待望のオープン!糖菓のお店、土日のみの営業ということで頑張って行ってきました。待ちわびていたお客様がたくさん訪れて・・・製造が追いつかない感じ。

この日は柚子のグラニテが売り切れ、あいにく次の仕込み中ということで、残念。でもそのおかげでしょうか、テイクアウト用の「パート ド クルスティヤン」(砂糖菓子の一種・・・たぶん(^^;)の味見をさせて頂きました。宝石のようなキレイなお菓子、ほとんど全種類のお味見をさせて頂き、ほんとうに感謝です。

シャリッとした歯ざわりとほどよい甘さ、それぞれのフレーバーが美味しい!人気のピラミッドには日本酒が入っているとか?

f:id:otaku-son:20190614083236j:plain

ピラミッド入り!

京都のお土産として使えるようにと作らはったそうです。シェフと奥様も丁寧にお話して下さるので、「対面式で販売する、昔ながらの誂え専門の高級和菓子屋」のような感じ。

とりあえずは小さいほう(確か1,400円ほど)を頂いて帰りました。

 

パティスリー オ・グルニエ・ドールの12の生地と26のフランス菓子
西原 金蔵
柴田書店
売り上げランキング: 74,079

 

冷蔵庫はダメ!「パート ド クルスティヤン(砂糖菓子)」。

f:id:otaku-son:20190614083428j:plain

開けてみました(^-^)

シェフ曰く、

「周りが溶けてしまうので、冷蔵庫には入れないでくださいね。」

だそうです。30~40℃ほどの温かいところが良いそうで、これも温蔵庫にずっと置いてあったとか。

f:id:otaku-son:20190614083857j:plain

よく分かる配置図(^-^)

買って帰って、翌日開けてみたのですがバルサミコ&タイムだけがちょっとベタついていました。保管状態が悪かったのかしら?これだけはお味見のときから乾きが遅め、とのことだったような・・・でも全て美味しかったです。個人的にはゆず、紫蘇が好み(^-^)

ちょっとお高めですが、通好みの京都土産として喜ばれそうですね。土日のみの営業ですが、他のお菓子も食べてみたいなあ!(ちなみに、シェフのご都合で6/16はお休みだとちらっと聞きました。詳しくはご確認をお願いします)

土日のみ営業
営業時間:13:00~18:00

電話:075-212-8032

高級生食パン「乃が美 はなれ四条烏丸店」が、7月オープン。アルバイトも募集開始!

f:id:otaku-son:20190609230125j:plain

以前から行きたかった和菓子屋さんに行ってみましたら、閉店していてがっかり。トボトボと帰る途中に四条室町周辺で気になるビルを見つけました。あら?大人気の乃が美ではないですか。

祇園祭で混む7月ごろにオープンとは、かなり売れそうですね。オープン予定地にはご丁寧に食パンまで置いてあります。人目を引くディスプレイです!

f:id:otaku-son:20190609230147j:plain

調べてみましたら、オフィス・ワン四条烏丸というビルの1階です。乃が美は大通りからひと筋入ったようないわゆる「三等地」にお店を開く、というセオリーがあると聞いていましたが、ここはどうなんでしょう?

1日5万本売るパン屋が一等地出店しない理由 | 食品 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

もっちり甘い食パン、乃が美!

f:id:otaku-son:20190609230521j:plain

©東洋経済

乃が美は食パン専門店。一斤432円(税込)とちょっとお高いのですが、お土産や差し入れに大人気。ここ数年の高級食パンブームの先駆けになったお店です。

京都では他に西大路七条と烏丸北大路にお店があります。どちらも大人気で売り切れしだい閉店。

店舗一覧 | 高級「生」食パン専門店の乃が美(のがみ)

こちらの予定地は四条烏丸に近く便利なところなので、通勤などのついでに買って帰る人も多いのかな?とにかく楽しみ(^-^)

 

四条烏丸店、アルバイト募集中です!

職種:(1)製造スタッフ(2)製造補助(3)配送スタッフ(4)販売

給与:(1)時給1000円~、(2)(3)(4)時給950円~時給950円~

勤務時間(1)0:00~23:00(2)0:00~23:00(3)8:00~13:00(4)9:00~19:00

詳しくはこちら→タウンワーク<乃が美 四条烏丸店>

以前テレビで乃が美に密着取材が入っていたのですが、乃が美のスタッフさんは最初は何もできなくて当たり前、製造過程を一から丁寧に教えてもらえるそうです。本社でのしっかりした研修もあるそうですよ。宜しければチェックしてみて下さいね(^-^) 

<ブラタモリ2019>過去には親子丼、湯豆腐・・・今回のロケランチは何?

f:id:otaku-son:20180422055515j:plain

これは数年前の湯豆腐。©NHK

ここ数年、毎年楽しみにしているブラタモリ京都編。今年はいつもよりもちょっと遅れてロケがあったようです(内容等は、ツイッター探偵の方たちにお任せします)。

ブラタモリでは毎回、ロケの途中でタモリさんとスタッフさんがいっしょにお昼を召し上がります。グルメでも有名なタモリさんが召し上がるせいか、いつも美味しそうなお店ばかり(^-^)

  • 八起庵の鴨なんば(2016年)
  • 湯豆腐料理 八千代の湯どうふ(2015年)
  • おうどん屋さん(2018年、祇園ですが店名は不明)

・・・などなど。鴨なんばの時は「サラメシ」が入っていたのでお料理の詳細がじっくり分かりましたが、他はエンディングロールでちらっと見えるだけなのでイマイチ分からなくて。

 

エンディングテーマ、井上陽水さんの「瞬き」を聞きながら再生→一時停止したりもう一回見直したり。美味しいもの好きなのですが、これはちょっと大変な作業(^^;

 

2019年のロケランチは「中華のサカイ」?

f:id:otaku-son:20181105145527j:plain

右が焼豚、左がハムの冷麺。

少し前に、タモリさんご一行が大宮商店街の超人気店「中華のサカイ 本店」に寄られたという噂を聞きました。

↑スミマセン、確認してみましたらスタッフ(もしくは現地コーディネーター)さんだったようです。タモリさんはいっしょではなかったのですって・・・早とちりでゴメンナサイm(__)m

詳細は分かり次第追記します!

祇園祭のお稚児さんの反抗期、受験・・・その他もろもろ。

f:id:otaku-son:20190607160247j:plain

オタク息子の学校から、今年のPTA役員名簿のお手紙を頂きました。ふーん、と思いながらパラパラ見ていると何やら見たことのあるお名前が。

由緒あるっぽい、画数多めの漢字のお名前*1・・・さてどなただったっけ?と調べると、数年前に長刀鉾のお稚児さんを務められたおぼっちゃんのお父さまでした。

そんなことを学校のOBでもある大先輩に伝えたところ、 「長刀鉾のお稚児さんなら、今までにもたくさん入学してはったで」 とのこと。でも、まさかあの方とご一緒できるとは(^-^)

 

お稚児さんも、反抗期。

f:id:otaku-son:20170715213826j:plain

前述した方ではないのですが、過去にお稚児さんを務めはったおぼっちゃんとオタク息子が入学当初からずっと仲良し。ママ同士も相変わらず仲良くさせてもらっています。ありがたやm(__)m

こちらの息子ちゃんは、かなりキツめの反抗期真っ只中なようで。どこも同じやなあ、今は大人の階段をのぼってはるし頑張ろう!とお互いに慰めあっています。「神の使い」とされたお稚児さんも受験、反抗期などと人並みの成長過程を過ごしてはるんやなあ、と改めて思っています(本当に!)。

以前、鉾町の方とお話したときに「過去にお稚児さんに選ばれていたことを公表したくない、という方が少なからずいらっしゃる」と聞いてかなり驚いたのですが・・・お稚児さんだった過去=親に言われるままだった子どもの頃のことをなかったことにしたいのかしら?なーんて思ってしまいました(男の子あるあるですが、我ながら妄想が過ぎますかね(^^;)。

*1:ちなみにオタク息子の友達は苗字だけで40画越え、あまりに画数が多すぎて書道の時間に小筆で名前が書けず、先生に「〇〇くんはカタカナでいいですよ」と言われたそうで(^^;