京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

お土産・贈り物にお勧め!玄琢「雲月」の「小松こんぶ」。

ご飯のお供に、「小松こんぶ」。

オタク母の大先輩にはグルメな方が多く、いろいろ教えて頂くことが多いです。ある大先輩と話していたときに、「白ご飯にあうもの」の話題になりました。ちりめん山椒やお漬物などがいろいろ挙がりましたが、その中で「塩昆布」が挙がり、大先輩曰く

「雲月の『小松こんぶ』は美味しいで。値段のわりには高級に見えるし、人に贈っても喜ばれるわ。」

と教えて頂きました。

f:id:otaku-son:20160321173408j:plain

「雲月」は、精進料理を学んでいた先代が、昭和45年玄琢の地に料理店を開いたのがはじまりです。

「塩辛くなく」「柔らかく」「えぐみのない味」を求め「小松こんぶ」が生まれました。禅寺の典座修練による経験を生かし、食の原点を常に見据え、保存料の無添加はもちろんのこと、産地、生産者の確認に至るまで「食べること」そのものを追求しています。

雲月「小松こんぶ」より

 

「雲月」と、支店の「御所雲月」。

https://instagram.com/p/6LabflOIfd/

御所雲月。前を通ったので、撮ってみました。

「雲月」は京都の北区・玄啄(げんたく)にある高級料亭。琳派で有名な光悦寺の近くにあります。お昼でも3万円~と、地元民でもあまり行けないようなお店なのですが、寺町今出川下ルの支店「御所雲月」はランチが1,000円台から食べられるお手ごろ価格のお店です。

「御所雲月」には数年前に実家の母と伺いました。お昼のランチ懐石に小松こんぶがほんの少しだけ(笑)ついていましたが、食べてみると塩辛すぎず、山椒風味の上品なお味でした。

 

紙袋入りはふだん使いに、桐箱入りは贈答品にお勧め!

f:id:otaku-son:20150811030622j:plain

上のお写真は夏だけの限定品で送り火のパッケージですが、夏らしくてとても素敵。

普段づかいやちょっとした手土産なら紙袋入りで648円(税込)~、瓶詰でしたら茶道具のような桐箱に2本入りで2,592円(送料込)。お値段の割にはかなり見栄えが良いお品です!塩分控えめの柔らかい昆布を細切りにした食べやすい昆布ですので、ご年配の方への贈り物としてもお勧めです。

通販ならタカシマヤ楽天市場店で購入すると、楽天ポイントが貯まるのでお得ですよ!(送り状には「日本橋店」扱いで記載されます)

f:id:otaku-son:20160512101228j:plain