読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうなことをお知らせしようと、日々徘徊中。

「へぇ。」しか言わない「あさが来た」の平さんのモデル「中川小十郎」は、立命館大学創設者!

「あさが来た」が終わってしまいとても寂しいですが、京都ではまだまだ「あさが来た」ブームが続きそう。昨日、京都新聞の夕刊を読んでいたオタク父が、かなり驚いて教えてくれました。

f:id:otaku-son:20160403101300j:plain

立命館大が、今年で生誕150年を迎えた創設者の中川小十郎に光を当てる企画を進めている。中川は1866年、現在の京都府亀岡市に生まれた。文部省に入り、日本女子大や京都大の開設に携わった。

退職後は女性実業家の広岡浅子が創立に関わった加島銀行の理事となり、経営再建に貢献。その後、立命大の前身である京都法政学校を設立した。首相を2度務めた西園寺公望の側近としても知られる。 「あさが来た」の主人公は広岡がモデルで、その右腕として活躍する山崎平十郎は中川を擬した人物とされる。

同大学衣笠キャンパス京都市北区)に新しく開設した平井嘉一郎記念図書館では中川に関する企画展を5月末まで開催中だ。

あさが来た「平さん」モデル脚光 立命館創設者の中川小十郎

立命館大学を創設したのは西園寺公望だと思っていたのですが、調べてみましたら1869年に西園寺が私塾「立命館」 を創設後、実は1年ほどで閉鎖されていました。1900年に私立京都法政学校を設立していた西園寺の元秘書、中川小十郎が「立命館」の名前を継承したそうです。

 

関西人にとっての平さん。

f:id:otaku-son:20160403104103j:plain

平さん役は吉本新喜劇座長の辻本茂雄さん。大阪のなんば周辺でたまにお見掛けするのですが、いつもかなり派手な私服で歩いていらっしゃいます。普段はお笑い番組でしか見かけませんので、加野銀行の支配人役でスーツを着ていらしても、関西人にとっては茂じいにしか見えません(笑)。

「あさが来た」では、さすがに杖を振り回さはらへんのやなあ・・・と内心ツッコミを入れながら見ていました(笑)

f:id:otaku-son:20160403174412p:plain

有能ではありますが、「へぇ。」しか仰らないかなりコミカルな役どころ。野々すみ花さんが演じる美和さんのことが好きなんやなあ、と思って見ていたのですが・・・最終週で結婚?されたようでかなりびっくりです。良かったなあ。

 

ちなみにスピンオフドラマ(4月23日放送)の主人公は亀助さんだそう。オタク母おお気に入りの雁助さんもたくさん出てくるようで、とても楽しみです!

連続テレビ小説「あさが来た」スピンオフ 亀助役・三宅弘城さんスペシャルトーク | SPECIAL TALK | NHK BSオンライン

 

セブンネットなら20%オフです。購入はこちら→<あさが来た>完全版 DVD-BOX 1