京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。

<京都おもしろ風物詩③>8月1日「八朔」には、芸舞妓さんが正装して挨拶まわり。

f:id:otaku-son:20180910142741j:plain

©京都新聞

毎年8月1日は、花街の芸舞妓さんたちが正装してふだんお世話になっている方々に挨拶まわりをする「八朔(はっさく)」の日。芸事のお師匠さんやお茶屋さんを回らはります。京都をはじめ関西のお中元が8月に贈られるのは、この「八朔」の習慣から始まったそうです。

八朔 | 祇園商店街振興組合

同じ祇園でも宮川町は色無地でまだ涼し気なのですが、祇園甲部の芸舞妓さんたちは黒紋付の礼装。でも皆さん笑顔で、汗ひとつかいてないのは さすがプロだなあ~と感心。

f:id:otaku-son:20180910144455j:plain

©福井新聞

オタク母は夏の暑さにとても弱いので、個人的には毎年このニュースを見る度に、今日は八朔や・・・まだまだこの暑さが続くんやわとゲンナリしてしまいます(スミマセンm(__)m)。芸妓さんの艶やかさと、黒紋付のきらびやかさに圧倒されてしまうのかしら。

今年は芸舞妓さんたちにポカリスウェットを渡しているお茶屋さんもあって、働き方改革?さすがやなあ~と思いながら見ていました。毎年この日には芸舞妓さん目当てのカメラオジさんたちが早くから事前の場所取りに熱心なのですが、今年はあまりの暑さで熱中症になった方もいたとかいないとか?気をつけて下さいませ(^^;