京都てっぱん日記

京都大好き、美味しいもの大好き!地元応援を言い訳に食べ歩きを強化中(^-^)

経営譲渡されてリニューアルオープンした伝説のラーメン店「桃花春」が、わずか3か月で閉店していた(-_-;)

f:id:otaku-son:20200904003907j:plain

パソコンの調子が悪く、買い替えでドタバタしていたら先月末近くになって、インターネットから流れてきた情報にびっくりしました。いやいや、確かに美味しくなかったけど・・・撤収早くないですか?

平素よりご愛顧いただいております「京都ラーメン 桃花春」ですが、誠に勝手ながら8月末日をもちまして閉店とさせていただき、来春をめどに移転の準備をさせていただくこととなりました。

「京都ラーメン 桃花春」再開の際には、ホームページやSNS等で告知させていただきます。

なお、こちらの場所では秋頃に向け、新たな一杯をお届けできるよう準備、精進してまいりますのでご期待くださいませ。

伝説の京都ラーメン・桃花春

札幌オリンピック村の元・料理人さんが作っていた本来のラーメン「桃花春」は、本当に美味しくて我が家全員大好きで、 多いときは週一で通っていたのです。

経営譲渡のため、閉店した時は一家全員が本当にショックでした。どうしよう?これからラーメンどこで食べればいいの??と、半泣きになってセブンイレブン限定の袋麺を買い占めたりもしました。

 

似てはいるけれど、残念なお味(T_T)

f:id:otaku-son:20200329212513j:plain

その名店が今年の6月初旬に再びオープンするということで楽しみにしていたら、案の定というか心配した通り残念なお味で。個人的には「桃花春」を汚されたような残念な思いでいっぱいでした。同じように思ったファンの方は多かったようで、SNSではかなり酷評されていたようです。

コロナ禍で立命館大学がオンライン授業になったことも響いたのでしょうか、最近ではいつ行っても空いているという噂でした。「ラーメン大が1,000円超えっていうのは、学生には痛いしなあ!」というのはオタク父談。

南丹市八木にある元店主Mさんのお店「愛宕菜館」にはちょくちょく行っているので、この前も桃花春の感想を聞かれたのですが・・・夫婦で言葉に詰まってしまって。Mさん曰く、

「味がボケてしまってるし、何回か調整に通う予定になってるねん。待っててや」

ということだったのですが。うーん、何回も言うけれど撤収早すぎ。