読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都てっぱん日記

オタクな父&息子と3人暮らし。京都の美味しいものや面白そうなことについて書いています。

京都の美味しい薄味中華、「鳳泉」。

おつかいもの・手土産 グルメ 京都人の密かな愉しみ

f:id:otaku-son:20160814025453j:plain

オタク母が幼いころ、よく連れていってもらったのが中華料理の名店、堀川紫明近くにあった「鳳舞(ほうまい)」。天井の高いお店でおばちゃんの活気あふれる声がよく響いていました。実家の母だけは、

「あそこの店、お皿が欠けてるからイヤやわ~」

と言ってちょっと嫌がっていましたが。さすがウルサ型オバちゃん、目の付け所が違う(^^;

こちらからのれん分けされたお店が堀川通「鳳飛」*1と下鴨の「白雲」。「白雲」にはよく食べに行きましたし、「鳳飛」もよくテイクアウトでいただいたのを覚えています*2。我が家の定番は酢豚、かた焼きそば、チャーハン、ちょっと贅沢する時はかしわアワビ!

 

美味しくてびっくり!懐かしい味、「鳳泉」。

f:id:otaku-son:20160814025532j:plain

「鳳舞」のコックさんが数年前にオープンされたのが「鳳泉」。ワクワクしながら行ってみると、店内は大混雑でした。直伝の焼売が有名だということですが、個人的にあまり憶えていないので海老と鶏の焼きそば(だったと思います)を注文。メニューも昔懐かしの縦書きです。

しばらくして持って来られたので食べてみました。西陣界隈の中華ほど濃すぎず、辛子がぴりっと効いた美味しいお味。一人には量が多いかな?と思ったのですがパクパクと食べきってしまいました。昔よく食べた懐かしい味だからでしょうか?めっちゃ好みの味で、リピート確定です。

f:id:otaku-son:20160814025637j:plain

 

ちなみにこの日は、『京都人の密かな愉しみ』にも出ていらっしゃる某料理研究家の方が店内に。オタク母と同じ焼きそばを召し上がっているのがちらっと見えたので、何だか嬉しくなってしまいました。わざとではないのですが、のぞき見してしまったようで申し訳ないm(__)m

 

わたしの十八番レシピ帖[定番もの]
大原 千鶴
文藝春秋
売り上げランキング: 6,737

*1:すぐ近くにKENZOのショップがあり、テイクアウトの品が出来上がるまでの間によく時間をつぶしていました。懐かしい・・・(^^;

*2:兄弟同士のお店だそうですが、「鳳飛」のほうが美味しいのでお勧め。