京都てっぱん日記

京都の面白そうな「ほんまもん」を探して、日々徘徊中。こんな時だからこそ、明るく楽しく!

酒造メーカー「黄桜」が消毒液代替のアルコール65度酒を製造!

新型コロナウイルスの感染拡大によって医療施設で消毒液不足が深刻化する中、酒造大手の黄桜は24日、消毒用アルコールとして代替できるアルコール度数65度のウイスキーを製造し、市内の病院などに寄贈すると発表した。

同社は度数10度台の日本酒を主に作っている。市からの要請を受け、同社は消毒用アルコールとして使えるウイスキーの商品化に着手。同社は現在、近隣の病院に呼び掛けを行っているという。

黄桜、「消毒液代替」アルコール65度の酒 病院などに寄贈|経済|地域のニュース|京都新聞

マスクは言うまでもありませんが、先月ぐらいから消毒アルコールが店頭に全くありません!アルコール度数が高いお酒でも消毒できるとは聞いていましたが、さすが黄桜さん。助かりますね(^-^)

知人のエリート医者さん*1曰く「(おそらく感染しているから)自分や同居している家族は、親などの高齢者にはしばらく会えない。殺人者になりたくないから」だそうで、その覚悟には本当に頭が下がります。何もできないのが辛い・・・早く騒ぎが収束してほしいと願っています。

注:詰め替えしやすいように650ml瓶に改良されました。

 

余談:黄桜の御曹司さんはモデルもこなすイケメン会社員!

全くの余談ですが、個人的に毎月チェックしているのが集英社の男性誌「UOMO(ウオモ)」。メンズノンノよりもちょっと上の年齢層向けです。黄桜の御曹司さんは、こちらによく載ってはる松本雄司さん。慶應義塾大学大学院ご卒業です!

本職はモデルというわけではなく、黄桜のちゃんとした会社員さん。社長であるお父様とはよく一緒にお仕事されているようです。そのせいか、最近の黄桜はクラフトビールなど世間のニーズに応えた商品が多いのですよ。この消毒用アルコールもそうかも?

黄桜楽天市場店>黄桜 除菌アルコール65 650ml×6本 消毒 掃除 エタノール

*1:聖護院や荒神口の某病院関係者から聞こえてくる噂では、もう日本の半数以上の人間が感染しているとか?(あくまで無責任な噂ですm(__)m) 自分がどうなのかは分かりませんが、発症しないようによく寝てよく食べ、よく笑って自己免疫力を高めて過ごすしかないですね。